お茶の知識 お茶講座ネタ

夏は冷茶!免疫UPや美白にもGOOD!

更新日:

免疫UPに期待できる冷茶
免疫UPに期待できる冷茶

夏場や気温が高い季節にぜひ飲みたい「冷茶」。
お湯ではなく水を注ぐだけ。苦くも渋くもなりにくく、甘味やうまみが出て上品な味わいが楽しめます。
また、美味しいだけではなく、注目したいのが嬉しい効能の数々です。
最近の研究では、水で出す緑茶には免疫アップが期待できることが分かっています。
さらに、水出しだと熱に弱いビタミンCも安定して抽出されるので美白にも効果的です。

水出し緑茶で免疫UP

免疫UPに効果的な緑茶の成分「カテキン」。カテキンには以下の4種類があります。

  • エピガロカテキンガレート(EGCG)※カテキンの半数以上を占める
  • エピガロカテキン(EGC)
  • エピカテキンガレート(ECG)
  • エピカテキン(EC)

このうち、”ガレート”は不快な感じは少なくさらりとしていますが、強い苦渋味があります。
エピガロカテキンとエピカテキンは渋味が弱く、温和な苦味です。
緑茶を15℃以下程度の冷水で1時間程浸出させると、免疫抑制的に働くエピガロカテキンガレートの割合が低く、がん細胞やウイルス・細菌を貪食、消化する免疫細胞(マクロファージ)の活性を増強させるエピガロカテキンの 割合が高い緑茶になります。

さらなる免疫UPには「二番茶」がおすすめ

免疫UP効果が高い=カテキン含有量が高いお茶、ということになりますが、
それには、二番茶がおすすめです。
新茶の時期よりもお日さまの強い日差しを浴びてのびのびと育ち、茶葉のカテキン含有量も増加します。
一番茶に比べ価格も安く、大量に飲むことができます。
たくさん飲んで健康維持につなげたいですね。

冷茶をワイングラスでどうぞ♪

最近ではお茶をワイングラスに入れて出されるお店も増えていますね。
ワイン同様、お茶にもワイングラスは適しています。
普通のグラスよりも丸みがあり、鼻まで覆うことができる大きさのワイングラスを使えば、お茶の香りをより一層楽しむことができます。
オシャレな雰囲気も楽しめますね♪

冷茶ワイングラス
冷茶&ワイングラス
Translate »

Copyright© 日本茶備忘録 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.