淹れ方

日本茶の淹れ方のポイント

1.使用するお茶の種類と特徴を考える

日本茶は、種類によって使う茶器や茶量、湯量、湯温、浸出時間が異なります。

お茶の標準的な淹れ方(目安)

茶の種類人数茶量湯量湯温浸出時間
玉露3人10g60cc50℃2分30秒
上級煎茶3人6g170cc70℃ 2分
普通煎茶5人 10g430cc90℃60秒
番茶5人 15g650cc熱湯30秒
ほうじ茶5人 15g650cc熱湯30秒

使うお湯について

  • お湯は沸騰させたものを使う。沸騰させることで水の分子結合が細かくなるため、茶に水の分子が浸透しやすくなります。※沸かし過ぎはNG
  • 硬水よりも軟水がオススメ
  • 水道水をそのまま使うのはカルキ臭がするのでNG

人数に適した茶器を使いましょう

玉露・上級煎茶を淹れる場合は湯量が少ないため、小ぶりの急須とゆのみを使用します。※ない場合はなんでもOK

左は上級煎茶用の急須、右は普通煎茶用の急須
左は上級煎茶用の急須、右は普通煎茶用の急須
左は 普通煎茶用の急須、右は 上級煎茶用の急須
左は 普通煎茶用の急須、右は 上級煎茶用の急須

更新日:

Translate »

Copyright© 日本茶備忘録 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.