やぶきた

日本で最も多く栽培される「やぶきた」

やぶきた

なぜ「やぶきた」が多いの?

「やぶきた」は、1908年(明治41年)、お茶の研究家・杉山彦三郎が、自己が所有する竹やぶを切り開いた茶園から優良品種を選抜し、「やぶきた」と名付けたことから誕生しました。
品質が高く収量も多く、寒さにも強い中性品種で、どんな地域にも根付きやすい優秀な品種です。そのため、全国的に栽培が普及し、現在では日本で最も栽培されている品種となりました。全茶園面積の約75%と圧倒的な面積を誇ります。

投稿日:

Translate »

Copyright© 日本茶備忘録 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.