お茶の知識 お茶講座ネタ

どんな水がお茶に合う?

更新日:

水選びは重要なポイント

淹れたお茶の99.7%はお湯です。そのため、お茶を淹れる時に使う水選びが、お茶の味に大きく影響します。どんなに良い茶葉を用意しても水が悪ければ台無しです。お茶の持ち味を出すためにも水選びには気を配りましょう。

日本茶には軟水がおいしい

日本茶を淹れる際は「軟水」がオススメです。
水は硬度によって軟水と硬水に分けられています。
また、硬度は、含まれているマグネシウムイオンとカルシウムイオンの量によって決まります。
硬度にはアメリカ硬度とドイツ硬度がありますが、日本ではアメリカ硬度が使われています。
硬度100以下が軟水、100以上が硬水で、日本の水は軟水です。
一方、ヨーロッパやアメリカなどでは硬水が多く、世界の国や地域ごとにさまざまです。
軟水でお茶を入れると、茶の成分がよく溶け出し、旨味、渋味、苦味がバランスよく出て、日本茶本来の味を引き出します。
ただ、硬度が低すぎる(10以下)と、苦渋味を強く感じるようになり日本茶には適さなくなります。日本茶には、硬度50~80程度の水が適しているようです。

外国でお茶を淹れる場合は、スーパーなどに軟水が売られている事もりますので、ぜひ活用しましょう。

Translate »

Copyright© 日本茶備忘録 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.