お茶の知識

色・味濃く苦味抑えめ深蒸し茶

更新日:

深蒸し煎茶の葉

茶葉の蒸し時間長めで色・味濃く仕上がり!

普通蒸し煎茶の蒸し時間は30秒程度ですが、深蒸し煎茶の蒸し時間は
1分~2分と長めです。
渋味や苦味が抑えられ、コクがありまろやかな味わいです。
水色は濃い緑色をしています。
普通蒸し煎茶と比較すると形はやや崩れ、粉っぽい形状が特徴です。
静岡県・鹿児島県・三重県を中心に全国的に栽培されていますが、
煎茶の生産量の7割以上が深蒸し煎茶と推定されています。

深蒸し煎茶の特徴まとめ

  • 水色は深緑色で濃度が濃い
  • 深みのある強い香りが特徴
  • 味は濃い目だが苦味・渋味が少ない
  • 静岡・鹿児島・三重のほか全国的に栽培される
深蒸し煎茶の浸出液

淹れ方のポイント

深蒸し煎茶は普通蒸し煎茶に比べ、形状が細かいので、
普通蒸し煎茶の半分ほどの浸出時間でOKです。
(1分程度。もし薄い場合は少し長め、濃い場合は短くする。)
また、普通蒸し煎茶に比べ熱めのお湯でも
あまり苦くなりません。

お湯に進出しやすいので、夏シーズンには水出しもオススメです!

Translate »

Copyright© 日本茶備忘録 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.