お茶レシピ

国産ウナギを緑茶で柔らかくしてみた

更新日:

国産うなぎを緑茶でやわらかくしてみた
国産うなぎを緑茶でやわらかくしてみた

今日は土用の丑の日!うなぎの日!

今日は土用の丑の日です。うなぎを食べよう!と思い立って近所のスーパーに買いに行きました。
丑の日だけあって、ちゃんとうなぎコーナーがあります。
中国産うなぎはかば焼きで販売されていて、国産うなぎは素焼きしたもののみでした。
値段は中国産うなぎの2倍くらいしましたが、奮発して国産うなぎと別売りのうなぎのタレを購入しました。
帰宅後、買ったうなぎをさっそく開けてみると、ちょっと硬いな~という印象でした。そこで、少し前に「ソクラテスのため息~滝沢カレンのわかるまで教えてください~」で放送されていた、緑茶で中国産ウナギをふわふわにするレシピを思い出したので、実践してみました。
https://japantea-chachacha.com/%e4%b8%ad%e5%9b%bd%e7%94%a3%e3%82%a6%e3%83%8a%e3%82%ae%e3%81%8c%e7%b7%91%e8%8c%b6%e3%81%a7%e3%81%b5%e3%82%8f%e3%81%b5%e3%82%8f%e3%81%ab%ef%bc%81/

緑茶で中国産ウナギをふわふわにするレシピ

  1. 中国産ウナギを鍋に入れ、うなぎが浸かるくらいの緑茶(番組ではペットボトルの緑茶を使用)を加える。
  2. 3分煮込む
  3. ウナギの水分を丁寧にふきとる
  4. ウナギのたれをかける

なぜウナギがふわふわになるの?

なぜふわふわになるのかと言うと、ウナギの皮が硬くなる原因の”コラーゲン”を緑茶に含まれるカテキンが溶かして柔らかくするためだそうです。

さっそく実践!購入した国産うなぎで!

番組では緑茶のペットボトルを使用していましたが、今回は急須でだした緑茶300ccを使いました。
うなぎを緑茶で煮込むことで、うなぎが柔らかくなり、しかも煮る前は結構生臭みがあったのですが、かなり軽減されました。よかったー!
家族も満足してくれました。

Translate »

Copyright© 日本茶備忘録 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.