お茶レシピ 今日のお茶

今日のお茶「ほうじ茶ソーダ」

投稿日:

今日のお茶 ほうじ茶ソーダ♪

今日のお茶 ほうじ茶ソーダ♪

今日のお茶 ほうじ茶ソーダ♪

今日のお茶は、爽快感のある「ほうじ茶ソーダ」です。
よく冷やした水出しほうじ茶に炭酸水メーカーで微炭酸を注入してつくりました。
香ばしくて、口の中がしゅわしゅわした後に爽快感がやってくる♪
後味もさっぱりで気持ちがよいですね。
暑い日におすすめのお茶です。

爽快!ほうじ茶ソーダの作り方

①1.2リットルの容量が入るプラスチック製やガラス製ポット等の容器に茶葉10~15gを入れ、水を満杯に注ぎます。
 水は水道水であれば一度沸騰して冷ましておいたものをご使用ください。
 軟水のミネラルウォーターや浄水器を通した水などがオススメです。
 ほうじ茶の茶葉はお茶やだし用のパックにつめると捨てる際に便利です。

②冷蔵庫で一晩くらい寝かせる。

③一晩寝かせた冷たいほうじ茶に炭酸水メーカーで炭酸を注入する。

茶葉を入れるお茶用パックはこちらのページでもご紹介しています

100均で見つけた「お茶パック」いろいろ

炭酸水メーカーはこちらのページをご参考ください

「緑茶×炭酸水」は美味しい?その②~緑茶に直接炭酸注入~

ほうじ茶の淹れ方について

ほうじ茶には脳をリラックスさせる効果があります。
そのときそのときの気分に応じて、HOTやICEで気軽に楽しんでいただけたらと思います。
ほうじ茶を飲むと口の中がさっぱりしますので、油っこい料理のお供にもおすすめです。

《ほうじ茶の淹れ方:HOT》
 ※3人分450CC
①450ccが入る急須と150ccが入る湯のみを準備します。
②ほうじ茶の茶葉10gと熱湯450ccを準備します。
③急須に茶葉10gを入れ熱湯450ccを注ぎ30秒待ちます。
④濃さが均等になるよう回し注ぎをして注ぎ分けます。

《ほうじ茶の淹れ方:ⅠC E》
 ※3人分(450~500cc)
①300ccが入る急須と500ccが入る耐熱容器を準備します。
 耐熱容器いっぱいに氷を入れます。
②急須に茶葉を10g入れ、熱湯300ccを注ぎます。
③40秒待ったら氷を入れた耐熱容器に一気に注ぎます。
ほうじ茶がよく冷えたのを確認し、コップに注ぎ分けます。

Translate »

Copyright© 日本茶備忘録 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.