お茶の知識

もったいない!茶殻の再利用

更新日:

茶殻の再利用
茶殻の再利用

新茶シーズン真っ盛り♪
新茶の時期はついついたくさんお茶を買ってしまう!
という方も多いことでしょう。
私も新茶の時期になると、いろいろなお茶屋さんの新茶が飲みたくて、
昨シーズンのお茶がまだ残っているにもかかわらず、
ついつい新茶を購入してしまいます。
お茶をたくさん飲むときに気になってしまうのが急須に残った「茶殻」。
飲めば飲むほど茶殻も大変な量に!
もったいないけどしょうがない、捨ててしまえ!と仕方なく捨ててしまう方も
多いことでしょう。
茶殻にはカテキンなどの栄養が豊富に含まれているので、
料理に活用して食べるのがオススメですが、今回は食べること以外の
茶殻活用法をご紹介します。

茶殻の消臭効果をいかして

乾燥させた茶殻をお茶パックや布袋などに入れて、臭いが気になるところに置きます。
靴の中や下駄箱、冷蔵庫、クローゼットなど、臭いが気になる場所に置いてみましょう。
また、レンジやオーブン、グリルの臭い消しに茶殻を使って掃除するのもよいでしょう。
消臭効果と併せて殺菌効果もあるので、台所のまな板をはじめ、包丁などの調理器具などの拭き掃除にもおすすめです。
抗酸化作用をいかして鉄鍋や鉄の食器に茶殻を入れお手入れすることもできます。

昔ながらの掃除

昔からよく活用されているのが掃き掃除です。
水気をよく切った茶殻を畳や床にまき、ほうきではく。
茶殻が落ちているほこりや細かいゴミを吸着してくれます。
まさに、先人の知恵です。

入浴剤

お茶パックや布の袋に茶殻を入れ入浴剤としてお風呂にいれます。
茶殻にはビタミンCや抗酸化作用、殺菌作用もあり美肌効果が期待されます。
リラックス効果のあるテアニンも入っているので、爽やかな香りと共によりリラックスできることでしょう。
茶処の温泉ではこのような「お茶風呂」があるところもあります。
ただ、家庭で実施する場合は、茶渋が浴槽に染み付かないように、
できるだけ早めに掃除するようにしましょう。

ガーデニング

茶殻を絞って花壇や観葉植物の根元に肥料としてまき、上から土をかけます。
植物が良く育ちます。

Translate »

Copyright© 日本茶備忘録 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.