お茶レシピ

茶殻と鰹節のおにぎり

更新日:

茶を食べる!「茶殻と鰹節のおにぎり」

お茶の栄養の70~80%は茶殻にあり!食さないともったいない!

お茶を飲んだ後、急須に大量に残ってしまう茶殻―。
もったいないな~何かに使えないかな~食べられないかな~
と思ったことはありませんか?
実は茶殻には、栄養がた~っぷり入っています。
お茶の中には、カテキンやビタミンCなどお湯に溶け、お茶を飲むときに私たちの体に取り入れられるものもあれば、水には溶けない食物繊維やたんぱく質、ビタミンE、βカロテン、ミネラル類などもあります。
水に溶けない成分が茶殻に残っているというわけです。
その量はなんと、お茶の栄養の70~80%にもなります。
栄養豊富なお茶をぜひ食しましょう!
ということで、今回は手軽に食べられる「茶殻と鰹節のおにぎり」
の作り方をご紹介します。

手軽でおいしい「茶殻と鰹節のおにぎり」の作り方

材料(おにぎり2個分)

  • 白ごはん 茶碗1杯分
  • 茶殻 大さじ1杯(水気をよく切ったもの)
  • 鰹節 大さじ2杯
  • しょうゆ 小さじ2杯

作り方

  1. 水気をよく切った茶殻をキッチンペーパーの上に
    ダマにならないように広げる。
  2. 600Wのレンジで2分乾かす。
  3. 茶殻と鰹節にしょうゆを加え、塊にならないよう
    ほぐしながら混ぜる。
  4. 3とごはんを混ぜ、おにぎりを握る。

組み合わせの相性GOOD

茶殻・鰹節・しょうゆはとっても相性がよく、それぞれの味のバランスが良い感じでした。ほんのりお茶の香りもしました。
ゴマなんか加えても美味しいかと思います。
さまざまなトッピングを行い、自分好みの味を見つけても楽しいですね♪

Translate »

Copyright© 日本茶備忘録 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.