NEWS・トレンド・イベント情報 カフェ・店舗・茶産地レポート

【2019】日本茶アワード
日本一に「お茶処しまだ」さん

更新日:

私が大好きなお茶屋さん、長崎県は諫早市にある「お茶処しまだ」さんの
「八女伝統本玉露『絶品』」(玉露)が
日本茶AWARD2019で、最高賞の「日本茶大賞/農林水産大臣賞」を受賞されました。
本当におめでとうございます。
先日、数年ぶりにお店に伺ったところ、店内にはたくさんのお祝いの花が飾ってあり、
女子力たっぷりの店内がより一層美しく彩られていました。
長崎県勢は3年連続の大賞受賞ということでした。長崎県勢強し~

八女伝統本玉露
八女伝統本玉露「絶品」

日本茶AWARDとは?

生産者が出品した茶葉の品質を競う一般的な茶品評会ではなく、
「消費者が飲んで美味しいお茶」を審査するコンテストに『日本茶AWARD』 というものがあります。
日本茶AWARDは日本茶の新たな価値を見出し、 多くの方に多種多様なお茶の美味しさや香りを伝えていこうと2014年から開催され、2019年で6回目の開催となります。

どのように審査される?

日本一美味しい日本茶をどのように決めるのかというと、
まず、専門審査員による一次・二次審査で上位茶が選定されます。
そこで選ばれたプラチナ賞の受賞茶(約20点)が、「TOKYO TEA PARTY」等で消費者による三次審査(最終審査)が行われ、審査委員会による擬賞会議を経て、最終的に決定されます。
一次審査では、緑茶流通業者および生産家をはじめ、コーヒー・紅茶・中国茶や他の食品業種等に携わる方々も審査員に加わっているそうです。

「お茶処しまだ」さんの受賞茶

《日本茶大賞/農林水産大臣賞》
八女伝統本玉露『絶品』(玉露)
~どんなお茶?~
八女伝統本玉露は、農林水産省の地理的表示保護制度(GI)に登録されています。
※ 地理的表示保護制度(GI) 、詳しくはこちら
口に含んだ瞬間驚愕の旨みと最上の香りに包まれる絶品の伝統本玉露
伝統と革新を融合させた匠の技により最高作品に仕上がり。
トロリとした一滴はまさに絶品

《ファインプロダクト賞》
『あまひかり』(普通煎茶※露地以外)
~どんなお茶?~
あまひかりの甘みは心と身体を元気にしてくれます。
朝は熱いお湯でスッキリとした甘みを、
午後は少し冷ましたお湯でトロリとした甘みをお楽しみ下さい。
甘みたっぷりあまひかり

お茶処しまださんのリーフレット参照

日本茶
お茶処しまださんで至福のお茶タイム

日本茶AWARD2019について

【開催日時】
一次審査会
2019年 8月31日(土) 静岡県

二次審査会
2019年 9月 7日(土) 京都府

出品総数 :463点

三次審査
全国の各会場ほか
※日本茶AWARD2019の三次(最終)審査は、一般消費者が審査

参考HP:日本茶AWARD公式サイト
https://nihoncha-award.jp/

諫早神社
お茶処しまださんの近くのパワースポット紹介♪

御朱印
御朱印もあります♪

肥前国伊佐早鎮座 九州総守護四面宮
諫早神社
約1300年前に書かれた日本最古の歴史書「古事記」。
その中で、九州が誕生した時の様子として「九州は身一つにして面四つあり」と記されています。
諫早神社は九州のその四つの面(国)の守り神をおまつりする四面宮として創建されました。
四つの国(筑紫の国・豊の国・肥の国・熊曽の国)がのちに九つの国に分かれることで「九州」の呼び名が誕生します。
公式HP
www.isahaya-jinja.jp

関連記事
お茶処しまださんの日本一のお茶「絶品」を飲んでみた♪

Translate »

Copyright© 日本茶備忘録 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.