碾茶(お湯出し・水出し)

碾茶の淹れ方 お湯出し&水出し
碾茶の淹れ方 お湯出し&水出し

碾茶(てん茶)は抹茶の原料となるお茶で、てん茶を石臼で挽いたものが抹茶になります。
栽培方法は、玉露と同じように長い期間茶畑に覆いをかけて、光を遮って栽培されます。光を遮ることで、葉緑素が増え緑色が濃い茶葉に仕上がります。
他のお茶と違う点は、製造時の工程にお茶を揉む工程がない点です。
玉露と同じく高級なお茶で、手間暇かけて栽培され、加工されていきます。

お湯出してん茶の淹れ方

用意するもの ※2~3人分

  • 小さめの急須
  • 湯冷まし
  • 小さめの湯のみ
  • てん茶の茶葉 6g
  • 60℃のお湯100cc

淹れ方

  1. 湯冷ましにお湯を注ぎ60℃まで冷ます。
  2. 急須にてん茶の茶葉を入れ60℃のお湯を100cc注ぐ。
  3. 2~3分待つ。
  4. 湯冷ましにいったん全部注ぎ、湯のみに注ぎ分ける。
    ※高級なお茶なので、ゆする事で苦渋みや雑味がでるのを抑えるため。

水出してん茶の淹れ方

用意するもの ※1~2人分

  • 小さめの急須
  • 湯冷まし
  • 小さめの湯のみ
  • てん茶の茶葉 5g
  • 冷水 50cc

淹れ方

  1. 急須にてん茶の茶葉を入れる。
  2. 冷水50ccを注ぐ。
  3. 6~8分待つ。
  4. 湯冷ましにいったん全部注ぎ、湯のみに注ぎ分ける。
    ※高級なお茶なので、ゆする事で苦渋みや雑味がでるのを抑えるため。

投稿日:

Translate »

Copyright© 日本茶備忘録 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.