た行のお茶

たかちほ

釜炒り茶用品種。。中生。

ただにしき

紅茶用品種。多田系インド種の血を引くつくりやすい紅茶用品種です。
晩生。

たまみどり

釜炒り茶用品種。晩生。

暖心37

煎茶や釜炒り茶としての加工適性に優れ、また、色沢、香気、滋味が「やぶきた」、「さえみどり」より優れています。
全国的に栽培が可能で、摘採期は「やぶきた」より1日早い中生です。
収量は一番茶、二番茶ともに「やぶきた」「さえみどり」より多い特徴があります。
南国宮崎の暖かい日差しをいっぱいに浴びて育成され 、 お茶を飲む人の体だけでなく
心までも温め癒すことを願って命名されました 。

つゆひかり

煎茶用品種。炭そ病に強く、水色優れる多収性品種。
炭そ病に極めて強く、耐寒性にも優れ、樹勢の強い、やや早生品種です。
品質は優秀で、特に色沢、水色が秀逸です。
「静-7132」と「あさつゆ」から生まれた品種です。
甘みが強く、近年栽培面積が増えています。
品質の特性:色沢は明るい緑色で、さわやかな香気があり滋味は温和で調和がとれています。特に水色が優れ、きれいな緑色をしています。
「つゆひかり」は、天然玉露といわれる父親の「あさつゆ」から「つゆ」をとり、静岡県茶業に光明を与える品種となることを期待して「つゆひかり」と命名されました。

寺川早生

碾茶用品種。早期成園化が可能です。
早生。

展茗(てんみょう)

碾茶・玉露用品種。早生。

とよか

煎茶用品種。多収性で耐寒性が強い。中生。

参考資料
公益社団法人 静岡県茶業会議所HP
http://shizuoka-cha.com/
茶品種ハンドブック 第6版

更新日:

Translate »

Copyright© 日本茶備忘録 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.