NEWS・トレンド・イベント情報 お茶講座ネタ 今日のお茶

妊婦さん必見! 飲む前に確認したい フレーバーティーの成分!

投稿日:

妊婦さん必見! 飲む前に確認したい フレーバーティーの成分!

妊婦さん必見! 飲む前に確認したい フレーバーティーの成分!

ハーブには子宮収縮作用など妊婦が注意すべき成分が入っていることも

近年人気が高まっている”香りが良いお茶”のフレーバーティーー。
りんごやイチゴ、みかんといった果物がブレンドされているものもあれば、レモングラスやペパーミントなどのハーブがブレンドされたものなど、さまざまな商品が売られていますね。
ハーブといえばノンカフェインのものも多く、身体に良さそうなイメージで女性に人気があり、カフェインを摂取したくない方や就寝前などに飲むという方も多いことでしょう。
その一方で、ハーブには通経作用や子宮収縮作用、堕胎作用、ホルモン様作用、エストロゲン様作用があったりするものもあり、妊娠中の方には注意が必要です。今回は、妊娠中の方がフレーバーティーを飲む際に注意していただきたいハーブについてご紹介します。
とはいうものの、どのハーブをどのくらいまでなら摂取してもよいという明確な基準はありませんので、あまり神経質にならずにご覧いただければと思います。

妊娠中の方が注意して摂取したいハーブ

アーニカ、アロエ、アンジェリカ、ウコン、エフェドラ、オレゴングレープ、カバ、カモミール、キャッツクロー、グーグル、グレーターセランディン、ゴールデンシール、コルツフット、コンフリー、サフラン、シナモン、シャパラル、ジュニパー、ジンジャー(乾燥させたものは成分が変わるのでNG)、ジャスミン、ジャマイマカンドッグウッド、スージャ、スィートフラッグ、セージ、センナ、セントジョーンズワート、タイム、タンジー、チェストベリー、ティロフォラ、ドンクアイ、ナツメグ、ニーム、パウダルコ、パスクフラワー、ハトムギ、バーベイン、バーベリー、フィーバーフュー、フェヌグリーク、フェンネル、ブラダーラック、ブラックコホシュ、ブラッドルート、ブルーム、ペニーローヤル、ベニバナ、ポークルート、ボルド、ホワイトホアハウンド、マグワート、マグワート、マザーズワート、ミッスルトウー、ミルラ、ヤロー、ライフルート、ラズベリーリーフ(子宮の収縮に影響があると言われているので、妊娠初期から中期はNG)、ラベンダー、リコリス、ルー、レモングラス、ローズマリー、ロベジ、ワイルドチェリー、ワームウッド

 

・・・調べてみるとこんなにたくさんありました…少しくらいなら飲んでも大丈夫でしょ(;'∀')苦笑

Translate »

Copyright© 日本茶備忘録 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.